今からでも間に合う!新卒・第2新卒歓迎社員求人特集!!
この時期は新卒・第2新卒者にとって採用率がアップする傾向あり!

新規⼤学卒業者の内定率を⽉別で推移したデータから読み解くと12⽉末〜3⽉末にかけて、

何と︕内定率が過去3年間平均で30%近く上昇しております︕

そうなんです︕この時期は新卒・第⼆新卒にとって⼤きなチャンス︕

「もう遅い」ではなく「今がチャンス」 なんです!!

二人の社員

第⼆新卒とは……

「第⼆新卒」の定義は、新卒のように明確な基準がありません。しかし、⼀般的には⼤学・短⼤・専⾨学校や⾼校卒業と同時に就職した後、⼊社3年以内に転職活動をする⼈たちのことを指します。

学⽣時代に⾃分が予想していた仕事内容・働き⽅と現在の仕事にミスマッチを感じたり、新たに別の⽬標ができたりして、転職をする⼈を「第⼆新卒」と呼ぶことがほとんどです。

PURPOSE

企業が新卒採⽤をする背景・⽬的

新卒採用の背景
新卒採用予定の目的

企業側の新卒採⽤の背景や⽬的として、『会社の活性化』『⼈員増員』

『会社の将来を担う潜在能⼒の⾼い⼈材を確保するため』

『活⼒やアイディアが豊富な若い⼈材が欲しいから』が上位となっています。

業務拡⼤や⼈員増員、将来の幹部候補など新卒⼈材への期待感から

新卒採⽤を実施している状況がうかがえます。

また近年は中途採⽤の求⼈数も増加傾向で求職者を『取り合う』状況が起きており、

募集を出してもなかなか反響もない事から、企業側の新卒採⽤意欲も年々⾼まっています。

矢印

ABILITY

選考を⾏う際に重視する資質・能⼒

前に踏み出す力(アクション)
考え抜く力(シンキング)
チームで働く力(チームワーク)

経済産業省が提唱する「社会⼈基礎⼒」の分類を元に、新卒採⽤企業に選考を⾏う際に重視する資質・能⼒を聞いたところ、

1位「主体性」87.5%、2位「課題発⾒⼒」73.1%、3位「柔軟性」72.6%、4位「実⾏⼒」70.8%、5位「状況把握⼒」64.2%が挙げられた。

1位「主体性」と4位「実⾏⼒」【前に踏み出す⼒(アクション)】の要素に含まれ、2位「課題発⾒⼒」【考え抜く⼒(シンキング)】に、

3位「柔軟性」と5位「状況把握⼒」【チームで働く⼒(チームワーク)】に含まれます。

新⼊社員には物事に進んで取り組む⼒、現状を分析し課題を明らかにする⼒、

意⾒の違いや⽴ち場の違いを理解する⼒が求められていることがうかがえます。

矢印

EXPERIENCE

学⽣時代に経験してほしい活動

バイト経験・クラブサークル活動・インターンシップ経験

学⽣時代に経験してほしい活動では、1位「バイト経験」82.2%

2位「クラブ・サークル活動」60.3%、3位「インターンシップ経験」43.8%です。

バイト経験の理由として『⼊社後のミスマッチを防ぐためにも働くとは何かをある程度把握しておいた⽅が良い。』

インターンシップ経験では『インターンシップでは、他社と⽐べる⽬を持っていた⽅が弊社を選んだ理由が明確になり、

定着につながると考えるため。』などが挙げられました。

そうなんです。今がチャンスなんです。

1⽉・2⽉・3⽉は求⼈件数も増加し、企業の採⽤意欲も⾼まる時期です。

実際新規⼤卒者内定率も上昇します。⼤切なのは⼩さな1歩。⾏動する事です。

気になった企業にドンドン応募していきましょう!

1月・3月・4月開催正社員、新卒・第2新卒イベント!!