一般的な応募方法と問題点

⼀般的なお仕事探しから採⽤の流れは、求⼈誌や求⼈サイトから希望の会社・職種を検索→希望の企業へ応募→⾯接→採⽤ となりますが、⼊社後3ヶ⽉以内に退職する割合も多い状況です。問題点として、「会社の雰囲気がイメージと違う」「職場環境が合わない」などが多く、求⼈情報だけでは判断できないことが原因となっています。

※求⼈サイトAgre社員ページでも上記の応募⽅法が求⼈件数5,306件中4,762件と89%を占めています(2019年10⽉16⽇時点)

重要視される職場の雰囲気

職場選びのポイントして「会社のイメージ」「職場の雰囲気」は実際どれくらい重要視されているのでしょうか︖求⼈おきなわ調べの求職者動向アンケートよりご紹介します。※2018年12⽉時点/回答者数510名)

全体の約42%が「企業・店舗の雰囲気が⾃分とあっている」をポイントとして選んでいますが、実際に働いてみてからではミスマッチが起こります。そこで、働く前に会社の雰囲気を確かめることができる「職場⾒学」がミスマッチを防ぐために有効となります。

※求⼈サイトAgre社員ページで「職場⾒学OK」の求⼈件数は、5,306件中544件(2019年10⽉16⽇時点)

実際に「職場⾒学」を⾏っている企業へアンケートを実施しました!

企業の採⽤担当へ聞きました

職場⾒学参加後に⼊社したスタッフへ聞きました

「職場⾒学」は、応募前に⾏うことが多い為、採⽤までの時間は多少かかりますが、⾃分にあっているか⾒て・感じる事ができます。求⼈情報では伝わりづらい「職場環境や雰囲気」を⾃分の⽬で確かめて希望するお仕事を⾒つけてください!
求⼈情報の「職場⾒学」の項⽬には、実施内容・⽇程・時間が記載しております