扶養内で働く!主婦(夫)活躍中のお仕事

知って活用!控除制度 扶養内勤務のキホン

扶養内ってなに?

「扶養内」とは「扶養控除の適用範囲内」の略。
したがって、扶養内勤務とは税法で定められている扶養控除や
配偶者控除の枠内に収まるように、収入を調整しながら働くことをいいます。
一言で「適用範囲内」といっても「税金」「社会保険」の2つの違いがあります。

税金
年収100万円未満…住民税がかかりません。
年収103万円以下…住民税がかかります。
ただし、所得税はかかりません。更に配偶者は「配偶者控除」として38万円を所得から引くことができるので、その分所得税が安くなります。
年収103万円を超え150万円未満の場合
配偶者は「配偶者特別控除」という控除額が段階的に下がっていく制度が利用できます。収入が増えるにつれ、控除額が減っていき150万円で控除額0円となります。(配偶者特別控除は夫の所得が1,220万円までの場合のみ利用可)
※この場合の収入とは、1月~12月までの給与総支給額の合計となります。
社会保険

年間収入が130万円未満の場合は配偶者など家族の社会保険の被扶養者になることができ、健康保険料・厚生年金等を納める必要がありません。(ただし、労働時間が加入条件を満たしている場合は社会保険へ加入する必要あり)
※この場合の収入とは、失業給付金や年金収入など全ての収入合計となります。

2018年以降の配偶者特別控除額

103万円を超え、201万6,000円まで特別控除額が徐々に減る仕組みになります。

配偶者特別控除額 世帯主の給与等の収入額
1,120万円以下 1,120万円超
1,170万円以下
1,170万円超
1,220万円以下
配偶者の合計年収 103万円超150万円以下 38万円 26万円 13万円
150万円超155万円以下 36万円 24万円 12万円
155万円超160万円以下 31万円 21万円 11万円
160万円超166.8万円未満 26万円 18万円 9万円
166.8万円以上175.2万円未満 21万円 14万円 7万円
175.2万円以上183.2万円未満 16万円 11万円 6万円
183.2万円以上190.4万円未満 11万円 8万円 4万円
190.4万円以上197.2万円未満 6万円 4万円 2万円
197.2万円以上201.6万円未満 3万円 2万円 1万円
201.6万円以上 0円 0円 0円

扶養控除の適用範囲内で働くには

01 年収103万円以下で
働く場合
時給 800円程度
勤務 1日5~6時間
週4~5日

⽉収
85,000円位まで

02 年収103万円超
130万円未満で働く場合
時給 800円程度
勤務 1日6~7時間
週4~5日

⽉収
108,000円位まで

03 年収130万円以上で
働く場合
時給 850円程度
勤務 1日7~8時間
週5日

⽉収
117,000円位まで

扶養控除の適用範囲内で働く図

ランキング
業種別 扶養範囲内勤務OKの求人

事務・オフィス
レストラン・カフェ・フード・食品製造
ホテル・リゾート・観光
軽作業・清掃・倉庫・ドライバー
コンビニ・スーパー・量販店・携帯ショップ
コールセンター