沖縄の求人! 正社員・バイト・派遣 総合求人サイト

よくある質問 FAQ
沖縄求人のWEBAgreTOP【WEB限定特集7月】見る・聞く・感じる!魅力を発見![アミューズメント・レジャー・サービスのオシゴト]

仕事は仕事でも楽しいお仕事したいですよね!?そんなあなたに今回紹介するお仕事はアミューズメント・レジャー施設・サービスのオシゴト!「楽しそう!」「やってみたい」という一方で、「どんな仕事かわからない」「きつそう・・・」と思っている方もいるはず。そこで!今回は応募前(面接)に職場見学または職場体験ができる企業・店舗をピックアップ!実際の職場を「見る」「聞く」「感じる」ことであなたに一番合う職場に出会えるかも!?

アミューズメント・レジャー施設・サービス業界は職種の幅もかなり広く多様な働き方ができるのが魅力です!!例えば音楽イベントや複合施設の裏側など他では経験・体験出来ないことがいっぱいあります♪さらに短期系のお仕事では大量募集もあり、人間関係を広げるチャンスも…!!!人と接するお仕事がしたい方も黙々と作業をこなす事が得意な方もきっと自分にあったお仕事を見つける事が出来るはず!?

今回、実際にアグレ営業スタッフが職場体験をした様子を
写真・動画で紹介していきます!

今回取材にご協力頂いたのは、沖縄本島・南部を代表する観光スポット「おきなわワールド文化王国・玉泉洞」。沖縄の自然と文化、歴史が体感できる県内最大級の観光テーマパークです。

お仕事体験をするのはアグレ営業スタッフ入社2年目の辺士名 佑芽(へんとな ゆめ)!趣味はカフェ巡り♪

それでは張り切っていきましょう!

「紅型(びんがた)」とは?
沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つ。「紅」は色全般を指し、「型」は様々な模様を指すと言われています。

今回はコースター作りを体験!コースター作りの主な流れは
[1]【型彫り】デザインを描いてそれを型に彫る
[2]【型置き】布に型をあて、もち米でできた糊(のり)を置く
[3]【色差し】模様の部分に染料をすりこむ(配色)
[4]【隈取り】配色を乾かしてから濃い色で影をつける

[5]【色止め】色を定着させて糊を落として乾かす

では実際に【型置き】【色差し】【隈取り】に挑戦!

■型置き

スタッフの方に手順を習います。

糊(のり)を置いていきます。

意外と私向いてるかも♪

■色差し・隈取り

8色の染料を使って染めていきます。

もくもくとやっております。

色差し・隈取り終了。

ご協力頂きました、紅型工房の皆さんありがとうございました!

沖縄は織物の宝庫といわれ、小さい島の各地に様々な織物が伝えられています。 工房では、花織、ロートン織、手花織など首里の伝統的な技法を用いつつ現代風にアレンジを加えた新しい織りを見ることができます。

担当の鈴木さんに教わります!

織機を使ってしおり作りを体験しました!

まずは織機の使い方から説明。

番号が掛かれた板を手順通りに踏みながら編んでいきます。

今回は『ロートン織』に挑戦!

『ロートン織』とは17世紀の中頃、中国から沖縄に伝わったとされる織物の技法です。裏表両面ともたて糸を段に浮かせた、立体感のある浮織が特徴です。

実際に編んでいる様子をご覧ください!

いい感じにできてます!

完成しました!

担当の鈴木さん、機織工房の皆さんありがとうございました!

職場体験を終えて

■感想
主に県外やインバウンドの観光客であるお客様に「沖縄の伝統工芸を楽しんでもらいながら、伝える」おもてなし。そのためにしっかり勉強して経験を積むことの大切さ、何より自分自身が楽しく、そして学びたい・伝えたいという気持ちがとても大切なお仕事だなと感じました!”びんがた”や”ロートン織”なども実際に体験させてもらいましたが、沖縄の魅力をさらに感じることができ、もっと誇りに思えましたよ!やりがいを実感できます!

■職場見学・職場体験のいいところ
求人情報のみでお仕事を選択するのではなく、実際に体験・見学することでより「実際の」職場環境や働いている人を自分の目で見て、感じることができるので、入社してからのギャップをなくすことができると思いました!仕事内容や実際に気になっていること・不安なども直接お話できるので、本音が直接聞けるのも、職場見学・体験ならではと感じました。

■求職者へメッセージ
求人情報のみでの応募と見学・体験してからの応募とでは、アクションの起こしやすさやギャップの差はすごく変わってきます。実際の働く環境や人を見ることで、より入社してからのイメージもしやすくなるのでは?この企業気になるな〜と迷っているあなた!まずは、会社見学・職場体験をして「応募」のアクションを起こすのもアリッ!ですよ〜!!


(株)南都/おきなわワールド文化王国・玉泉洞
工芸部 工芸課 課長
伊敷 美千代 さん

■感想
職場体験を通して、沖縄の伝統工芸の制作、接客販売などの業務内容を知ることができ、工芸体験をすることでより興味を持っていただく良い機会だと思います。応募者の方がサービス業に向いているか判断材料にもなるので両者ともにメリットはありますね。

■職場見学・職場体験のいいところ
当社の場合、職場体験をすることで、観光施設の工芸エリア内のサービス業を知ることができ、工芸体験、モノ作りなどを体験してみることで、自分に合った職種・業務内容なのかもわかるし、知らなかった沖縄の文化工芸を知る機会にもなります。

■求職者へメッセージ
登録有形文化財の赤瓦の古民家で、沖縄の伝統工芸の制作・販売・工芸体験のお仕事が出来ます。「温故知新」の精神で、先人たちの教えを大切に受継ぎ、沖縄の伝統工芸の魅力を県内外へ発信しませんか。お客様の喜びを自分の喜びと思える方・沖縄が大好きな方お待ちしております。


応募前に職場見学や体験をすることで、「応募」よりもっと気軽に次のアクションを起こしやすくなります。職場見学や体験を通して、実際の「雰囲気」や「具体的な仕事内容」、「やりがいや楽しみ」などを体感。実際に働くイメージができ、企業・店舗の理解度もアップ!そして、自分らしく働ける環境に出会えるチャンス!

職場見学・体験までの流れ(約1時間半程度)

≪スケジュール例≫

■10:00〜 オリエンテーション
会社概要や仕事内容の説明。会社の事、仕事内容の理解度を深められる。
■10:30〜 会社・職場見学(体験)
会社の雰囲気や実際に働いている社員の姿を見て感じる。企業や店舗によってはお仕事体験もできるかも!リアル感がしっかりと伝わるので、より入社した時のイメージがしやすくなります!

■11:00〜 質疑応答・まとめ
見学・体験後の質問タイムで、不安を払拭!納得して「応募」できます。

■11:30 終了

皆さん、職場見学・体験したくなりましたよね?!実際に働く職場を「見る」・「聞く」・「感じる!」ことで企業・店舗の魅力を発見できます!応募を迷っている、気になる企業があったら、まずは職場見学・体験してみましょう!



求人へ