お役立ちコンテンツ

3.面接当日

当日準備から面接の直前/最中/直後など様々なポイントを紹介!

数秒で決まる第一印象。しかも9割は「視覚」と「聴覚」!
マイナスイメージにならないために、身だしなみや声が大事!
緊張するなかでも「好印象」を目指しましょう。

◆身だしなみ

  • 中身勝負も、まずは見た目から!
  • 自己表現や主観的なオシャレはNG
    ※相手がどう受け取るかが大切
  • カバンを所持し、必要書類や筆記用具を持つ
    ※手ぶらでの訪問を良く思わない場合もあり

◆面接当日と直前

  • ギリギリのスケジュールはNG
    焦った気持ちで挑む面接は準備不十分
  • 応募先の連絡先は控えておく
    予期せぬ事態に備え、万が一の場合は早めの連絡
  • 応募先に着いたら、用件を伝える
    「○時から面接の●●と申します。」
  • 待合室などでの待ち時間も気を抜かない
  • 聞こえやすいボリュームの声で挨拶する
  • 一礼/名乗りなど基本マナーで好印象

◆面接中

  • 相手の目を見るタイミング
    ・面接が始まる一番初めの5秒間
    ・自分が話し始める最初の3秒間
    ※見つめすぎは”睨み”になります
  • 程よいリアクションで留める(笑い声やジェスチャーなどは軽い程度)
  • 無意識的な行動に気をつける(腕組みや貧乏ゆすりなど)

⾯接官が重視するポイントは主に3つ。

  • 資質(経験やスキルなど採用職種に適しているのか)
  • 意欲(仕事に対する熱意はあるのか)
  • 適応性(会社組織・スタッフに溶け込めるか)

挨拶などの社会的マナーを備え、言葉で伝える。
あなたの人柄を「情熱」「コミュニケーション」でPR!
マイナス要素を排除し、自分らしさで面接にチャレンジしましょう!

◆面接直後

  • 御礼や立ち去りの挨拶を行いゆっくりとドアを閉める
  • 応募先の社内や退出直後にも気を付ける

◆お役立ちコンテンツ

1.応募&連絡の
事前準備
2.応募書類の
書き方
3.面接当日 4.円満退職 5.社会保険の
基礎知識
6.会員限定
Offer受信のコツ