お役立ちコンテンツ

1.応募&連絡の事前準備

「おしごと発見!」の次は、募集内容の気になる点や、自分自身が気をつける部分などの事前準備!

◆チェックポイント

  • 連絡方法は電話?メール?
  • 今は受付時間? ※記載がない場合も配慮が必要(始業・終業前後/昼休み時間など)
  • 履歴書は必要?不必要?

聞く事リストの準備

  • 聞いておくべき気になる点をまとめる。電話で答えられる程度の少数質問がベスト
    勤務条件や待遇面は面接でじっくりと聞こう
  • 面接日を設定(第3候補までの準備がオススメ)
  • 履歴書は事前郵送?当日持参?
  • 面接訪問時の、車・バイク駐車場所の確認

事前準備が整ったら、アクションを起こしてみよう!

TEL編通信状況や言葉遣い、声の大きさなど「相手への思いやり」を忘れず会話!

①挨拶
まずは挨拶から!「こんにちは、●●と申します」程度でOK!
②用件
用件を伝える(応募なのか問合せなのか)
「アグレをみてご連絡しています。○○の件で…」
③取次
採用担当者の方へ取次を依頼

※担当名表記がない場合は用件(②)を伝え
「採用担当の方はいらっしゃいますか」でOK!

※不在の場合、改めて連絡するのがベスト

④主旨
応募/問合せの旨を伝えて会話

※聞いておくべき内容の聞き取りや質問

⑤面接日
面接日の調整(確定した後に再確認も行う) 

※履歴書の郵送/持参や駐車なども忘れず確認

⑥御礼
「ありがとうございます。当日お願いします」でOK!

※早すぎる通話終了や乱暴な切り方はマナー違反

初めてのコンタクトで緊張するのは当然。頭が真っ白にならないように!
相手の状況に配慮し、会話のキャッチボールを行いましょう。

メール編基本的な文章マナーを守って作成!端的に読みやすく伝えることが大事!

①文面
挨拶と主旨(応募・問合せ)を明記

(例)“こんにちは、●●と申します。Agreで「○○」の募集を拝見しました。
   つきましては(応募・問合せの旨)にてメール送信しております。…”
 と

確認や質問内容へと続けて記入
②面接日
面接日の調整(メール連絡なので希望日は必ず明記)
返信メール受信後に具体的な調整行う

※求人サイトAgreなら、担当者の時間を設定しているので面接申込がスムーズ!

③工夫
簡易的な自己紹介や職歴・資格スキルなどで採用担当者に「ぜひ会いたい」と興味喚起

※あまりに長文だと対応する側の負担となってしまいます

TEL応募と違い、メール応募には確認時間が必要なので、
1通でどれだけ分かりやすく伝わるかが大事!
また、採用担当者からの返信メールに対して、
求職者側も常に確認できる状態にしておきましょう。
通知の見落としや不十分な確認には注意!
※注意※
同じく採用担当者にも受信メールを見落とす可能性もあります。
あまりに返信が遅くなる場合はTELにて確認するのがベスト。

◆お役立ちコンテンツ

1.応募&連絡の
事前準備
2.応募書類の
書き方
3.面接当日 4.円満退職 5.社会保険の
基礎知識
6.会員限定
Offer受信のコツ