沖縄の正社員・バイト・派遣 求人【WEBAgre(ウェブアグレ)】

よくある質問 FAQ
沖縄求人のWEBAgreTOP『沖縄の離島(石垣・宮古島など)で働こう』


離島マップ


☆ *:. 八重山エリア ..。* ☆

沖縄本島から南西約450kmに位置する八重山エリアは、石垣島をはじめ、西表島や竹富島、ドラマ『Dr.コトー診療所』のロケ地となった与那国島などの島々が集まる日本最南端の諸島。石垣島は沖縄県内では沖縄本島、西表島に次ぐ3番目に広い島となっていて、日本百景に選ばれるほどの景勝地となっている「川平湾」も有名。

アクセス(石垣空港まで)

那覇空港から約1時間、羽田空港から約3時間15分、関西空港から約2時間40分

人口・気温(石垣島)

【人口】総数:59,131人 世帯:27,488戸
※H28年9月1日 現在
【気候】年平均気温:24.1 ℃

平均家賃(石垣島)

●1K 4.9万円 ●2LDK 6.4万円

☆ *:. 宮古エリア ..。* ☆

沖縄本島から南西約300kmに位置する宮古エリアは、宮古島を中心に、伊良部島や池間島など大小8つの島からなる。宮古島では、毎年国際的規模のイベントである全日本トライアスロン宮古島大会があり、各種スポーツ団体の合宿等も行われるなど、島全体が「スポーツアイランド宮古島」としても活気づいている。

アクセス(宮古空港まで)

那覇空港から約45分、羽田空港から約3時間

人口・気温(宮古島)

【人口】総数:53,290人 世帯:23,931戸
※H28年9月1日 現在
【気候】年平均気温:23.7 ℃

平均家賃(宮古島)

●1K 4.4万円 ●2LDK 5.5万円




株式会社エアー宮古

移住年数:1ヶ月

Q.沖縄への移住を考えたきっかけを教えてください。

海が好き!きれいな海の近くで海を見ながら生活したい。私の一番のきっかけです。また慣れ親しんだ町を離れ、知り合いが誰もいない中で成長したいという気持ちで移住を考えました。今年の3月に大学を卒業し、海外に出ました。しかし失敗してしまい、再就職を考えたとき、若いうちは地元を離れ成長することが今後に大きく活かせると思いました。いつかは沖縄県全体のために貢献していきたいと思っていて、その前に観光で注目される宮古島で試したいの一心で移住を考えました。

Q.今の職場を選ばれた理由を教えてください。

学生時代にこの業界でアルバイト経験があり、「お客様の空の旅を一番近くでサポートする」ことが私の夢になりました。家族旅行やビジネスなどの交通手段では欠かせない飛行機。花形の仕事である反面、責任も大きく大変なお仕事です。大変なことは多いですが、一人一人のお客様の笑顔や「ありがとう」で頑張れる仕事だと実感できたことが、この業界を選んだ理由です。

Q.沖縄への移住にあたって不安だったこと、または困ったことは?

離島に住むことが初めてだったので、不安しかなかったです。しかし買い物には不便なく生活できます。友達、知り合いの方も一人もなしでのスタートで困ったときどうしようと思ったのですが様々なイベントに参加してすぐに友達ができました。どこに行くにしても車が必要な宮古島ですが、裏を返せば車があれば不自由なく生活ができます。土地勘のない私でも覚えやすい道なりで迷うことはありませんでした。

Q.沖縄の魅力とは?また実際に来て感じたことは?

なにより海がきれい。今まで日本、海外のリゾート地に行きましたが宮古の海が一番です。個人的には、有名ですが「与那覇前浜ビーチ」が一番好きです。また宮古島近海にはたくさん島があり、島独特の雰囲気や文化があり休みの日を利用してすぐに遊びに行けます。パワースポットもいくつかあり、魅力いっぱいの島です。そして宮古島の人たちも情に厚く、温かい人ばかりですぐに安心できました。面白い方も多くとても楽しいです。

Q.今後の目標を教えてください。

毎日たくさんのお客様が出入りする空港です。どんな状況においても笑顔で接することを目標にしています。毎日が勉強で一日でも早く自立し、一人前になり、空港の顔である以上責任をもって頑張っていきたいです。いずれは観光客におすすめ場所を紹介できるグランドスタッフになりたいと思ってます。プライベートではたくさんのところへ足を運び宮古島を知っていきたいです。

Q.Iターンを考えている方へのメッセージをお願いします。

迷ってるならまず行動。行きたいと思ったら行動する。私も不安なスタートでした。しかし人の温かさに触れとてもいい環境です。慣れ親しんだ場所を離れ仕事するのは2倍、3倍大変ですが、その分楽しさや新しい発見、出会いはその倍あると思います。気になる地域、業種があるならまずは行動しましょう。

有限会社 桃原建材

移住年数:11年

Q.沖縄への移住を考えたきっかけを教えてください。

大学を卒業し東京で就職しましたが、多忙な業務にストレスを感じ転職を考えていました。しかし自分が次に何の仕事をしたいのか、なかなか決められずに1年・2年と過ぎて行く毎日でした。30歳を手前に転職するならもう今しか無いと思い、この際やりたい仕事を見つけるのでは無く住んでみたいところに行こうと考えました。沖縄の石垣島には旅行で何度か訪れ、美しい海・星空・自然・人とのふれあいがとても好きになり石垣島への移住を決めました。

Q.今の職場を選ばれた理由を教えてください。

前の会社に勤めながら、職安に通い石垣島に自分ができそうな仕事の求人が出ていないかいつもチェックしていました。書類で断られてしまうことが多くなかなか面接までしてくれる会社はありませんでした。そんななか、建築資材の営業の募集をみつけ、営業はしたことが無かったのですが、前職が土木工事に関わる仕事をしていたのでなんとかできるかと思い履歴書を送り連絡をしたところすぐに面接をして頂けるとのことになり、旅行を兼ね石垣島に来た際に会社を訪問したらすぐに採用して頂きました。

Q.沖縄への移住にあたって不安だったこと、または困ったことは?

[1]知り合いが全くいなかったので相談できる人が少なかった。[2]研修期間中は給与が半分になり最初は貯金を崩しての生活でした。[3]言葉(方言)がわからず苦労しました。[4]知り合いの結婚式は帰省の旅費とお祝いの出費で大変でした。[5]お酒を飲む機会が多いのに驚きました。

Q.沖縄の魅力とは?また実際に来て感じたことは?

海がなんと言っても綺麗なことですね。海に出ると気分爽快です。シュノーケリング・ダイビング・フィッシング・マリンスポーツなどとても楽しいです。3年前に船を買いこの間はマグロを釣りました。カジキを釣り上げるのが目標です。(できるかわかりませんが・・・・)あと、困ったときは周りの皆さんが助けてくれます。結いまーる(助け合い)の心を島の方はとても強く持っています。

Q.今後の目標を教えてください。

仕事では建築資材販売のほかに内装工事やリフォーム工事もしています。お客様に喜んで頂けるプランニングやサービスを提供できる会社にしていきたい。また社員がやりがいを見いだし仕事をしやすい環境を作って行きたいと思います。プライベートな面では、昨年結婚をしました。妻も千葉県出身の移住者ですが共に石垣島で永住を考えています。子供を作り、家を建て幸せな生活を石垣島でできるようになりたい。老後は妻と海を眺めながらのんびり過ごすのが目標です。

Q.Iターンを考えている方へのメッセージをお願いします。

建築の仕事をしていると多くの移住者に会います。移住を成功されている人は島の人達に溶け込んでいける人だと思います。移住者はどうしてもウチナータイムに慣れず島の方と旨く行かない人がたまにいますが、島の習慣・風習や人と人のつながりを大事にして行くことが成功の秘訣だと思います。


あなたは何歳で沖縄に来ましたか?という質問に対して20歳〜40歳が全体の70%を占めました。地元を離れて沖縄で仕事をするのは『若いうちに』!?

93%の人が『はい』と答えました。

■人が温かい、人柄が良い ■海がきれい、自然が豊か ■時間がのんびりしている

気候が温かいと人も温かくなるのか、多くの方が『人が優しい、アットホーム』と答え、沖縄県人の人柄の良さをあげていました。

■交通機関が不便、車が無いと困る ■時間にルーズ、うちなータイム ■賃金が低い

那覇市だとまだモノレールがあるから良いのだが、公共交通機関が基本バス、というのはやはり本土から来る方にとってマイナスなようです。

【やる気!】
沖縄は仕事が無いと聞いていたがそんなことは無い!要は熱意とやる気を持って職探しを根気よくしよう!
【資格を取れ!】
未経験OKの職種は数多くあるが資格は持っていて損は無い!特に『車の免許』、『PC資格』系はどの職種でも有利!
【観光客気分はNG!】
観光地としての沖縄をイメージして移住するとギャップがある。仕事はしっかり、プライベートはガンガン遊ぶのメリハリを!


■転出届(引越し前)
まず今住んでる場所から離れる前に地域の役所で転出手続きを行い 「転出証明書」 を発行してもらいましょう! ※手続きは引越しの 2週間前 から可能なところが多い(印鑑が必要)。
■転居届(引越し後)
移転後は 14日以内 に新居の役所へ 「印鑑」「身分証明書」「転出証明書」 を持参し転入の手続きを行いましょう!
■転出届・転入届とあわせて手続きを済ませておくと便利なもの
・国民健康保険(健康保険証を返納、会社勤めの方は会社で手続き)
・年金(国民年金・老齢福祉年金・遺族年金・障害者年金・遺児年金 等)
・医療費関係(乳幼児医療費助成・高齢医療費助成)
・子供関係(児童手当・転校) ・印鑑登録
・原付自転車(125cc以下のバイク)の住所変更手続き

■その他の手続きについて

項目 管轄 手続き方法・必要なもの
自動車・自動二輪の住所変更 【新住所を管轄する】
陸運局
国土交通省
印鑑、車検証、新住民票、車庫証明書(二輪は不要)を持参
運転免許証の住所変更 【新住所を管轄する】
警察署(運転免許課)
運転免許センター
免許証、新住所を確認できるもの(住民票・健康保険証など)。
郵便局へ転居届 郵便局 本人確認がとれるもの、旧住所が確認できるもの(運転免許証・各種健康保険証など)と印鑑を最寄の郵便局(日本郵政)へ持参
※WEBや窓口設置の専用のハガキでも申込可能
HP https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/
※市町村によって手続きが異なる場合があります。手続きする前に各関係部署の窓口にお問い合わせをする事をオススメします